ドクターサポート認定 新潟古町脱毛・ホワイトニング専門 ミルキーリムーバルサロン/

へそごまエステ

へそごまエステ

「へそのごま」とは、見た目が黒ごまに似ているということでその名がついています。
へそのごまの原因は垢、皮脂、汗、毛、石けんのかす等か固まったものです。
その細菌の数は便器の水に含まれる細菌の約4,100倍の約120万個/gと言われています


へそは「いじっては駄目」「掃除するべき」どちらが正しい?

「へそをいじってはいけない」と言われて育ち、へその掃除をしない方針の人もけっこういるのではないでしょうか。
へそは掃除したほうが良いのか、それともいじってはいけないのか、どちらが正しいのでしょう。
へそは掃除したほうが良いのです。ただし絶対にいじり過ぎてはいけません。

「へそをいじってはいけない」と言われてきたのは、へそを無理にいじるとお腹が痛くなりやすいためです。
へそのすぐ下には皮下組織、腹直筋、瘢痕組織(へその緒の跡)、腹膜があります。
内臓を覆っている腹膜の神経は過敏なため、へそをいじるとへその約5mm下にある腹膜の神経が刺激され、腹膜炎ではなく腹膜が刺激された痛みが起こっているだけなので大丈夫です。
「へそごま」は専用のオイルで優しく汚れを浮き上がらせて取り除きます。
※痛みは一切ございません

へその断面図
所要時間20分2,700円/1回
  • アフターケアはお家でお風呂のときなどにしっか り洗って下さい。
  • おへそに溜まった水分は、綿棒などでふき取って下さい。
  • 1度へそエステを受けられますと、「今までの溜めてきた年月分」がたったの1回で取り除けますので次回の目安は1年、2年、3年先となります。
    汚れやすい方、ご自身でおへそが洗えない方は月に1度のペースでご予約下さい。
ご質問はmilky8063@yahoo.co.jpまでご連絡お願いします。
担当の者より折り返しご連絡致します。

おへそエステの流れ

症例:14歳女子(おへそが閉じているタイプ)

①おへそが見えるようにお腹をだします

おへそエステの流れ1

②おへその奥の汚れをしっかり取り除きます

おへそエステの流れ2

③汚れがなくなるまでふき取ります

おへそエステの流れ3おへそエステの流れ3おへそエステの流れ3
おへそエステの流れ3おへそエステの流れ3おへそエステの流れ3

④おへそエステ完了

おへそエステの流れ5

症例:42歳女性
ボディシャンプーの泡が毎日へそ上を滑るレベルです。
特におへそ意識して洗ってないので(^。^) 3ヶ月から半年に1回綿棒で拭くくらいです。

①おへそが見えるようにお腹をだします

おへそエステの流れ1

②おへそに専用オイルを入れ、汚れを浮き上がらせます

おへそエステの流れ2

③おへその奥の汚れをしっかり取り除きます

おへそエステの流れ3 

④汚れがなくなるまでふき取ります

おへそエステの流れ4

⑤おへそエステ完了

おへそエステの流れ5

オプション:へそピアスの穴のエステ(※料金内に含まれます。)

①へそピアスの穴の汚れは、専用の糸状のスポンジで穴の中の汚れをしっかり取り除きます。 耳ピアスと同じように、汚れが溜まると臭いの原因になります。

へそピアスの穴のエステ
鼻毛ワックス脱毛 へそごまエステ 光フォトフェイシャル 歯のホワイトニング 脱毛料金表 限定クーポン IPL脱毛とは・症例写真 スタッフ紹介 ご予約はこちらから 男性脱毛 求人募集 ミルキーリムーバルサロン 新潟市中央区古町通 6番町965-2古町モール6内

Facebookでシェア