MENU

SDGsへの取り組み

Approach to SDGs

SDGs

当サロンでは 性別、性自認、性的指向や年齢、国籍だけではなく、経験、専門性など、異なる価値観を尊重し、違いに価値を見出すことが、社会の持続的な成長に繋がると考えており、多様化(ダイバーシティ)の推進を企業としての社会責任と考えております。

持続可能な開発目標(SDGs)とは? 詳しくは国際連合広報センターをご確認下さい。

ミルキーカンパニーLGBTコラム

近景:
文部科学省発行 「性同一性障害や性的指向・性自認に係る、児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施について(教職員向け)」より
文部科学省では、平成27年4月30日に「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」を通知しました。その背景は以下のとおりです。

SDGs


性同一性障害に関しては社会生活上様々な問題を抱えている状況にあり、その治療の効果を高め、社会的な不利益を解消するため、平成15年、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(以下「法」という。)が議員立法により制定されました。また、学校における性同一性障害に係る児童生徒への支援についての社会の関心も高まり、その対応が求められるようになってきました。

こうした中、文部科学省では、平成22年、「児童生徒が抱える問題に対しての教育相談の徹底について」を発出し、性同一性障害に係る児童生徒については、その心情等に十分配慮した対応を要請してきました。また、平成26年には、その後の全国の学校における対応の状況を調査し、様々な配慮の実例を確認してきました。

このような経緯の下、性同一性障害に係る児童生徒についてのきめ細かな対応の実施に当たっての具体的な配慮事項等を下記のとおりとりまとめました。また、この中では、悩みや不安を受け止める必要性は、性同一性障害に係る児童生徒だけでなく、いわゆる「性的マイノリティ」とされる児童生徒全般に共通するものであることを明らかにしたところです。これらについては、「自殺総合対策大綱」※(平成24年8月28日閣議決定)を踏まえ、教職員の適切な理解を促進することが必要です。

「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」(平成27年4月30日児童生徒課長通知)

SDGs

ミルキーカンパニーの取り組み


  1. LGBTの多岐にわたる相談に乗ることのできるスタッフが在籍しております。
  2. LGBTに該当する多くのお客さまに創業当時よりご愛用頂いております。
    事例:新潟で60年の歴史があるPalace(LGBT)様を創業当時よりサポートさせて頂いており、また、精神面サポートも行っております。
  3. LGBT特有の問題に対する細かな配慮
    心が女性の方には、女性の服装・髪型・メイクのままご来店頂けます。
    また、施術の際には心の性別の料金を提供しております。
  4. LGBTに配慮した施術の流れ
    源氏名にてカルテを作成し、お名前をお呼びしております。
    ウイッグを外したあとに他の方に見られないよう、完全個別でヘアセットオフとメイクオフが可能です。施術後にそのお部屋の中でフルヘアセット、フルメイクアップを終えてからお部屋を出ることが可能です。
    源氏名のメンバーズカードをお渡しいたします。

LGBTの方へ

歯のホワイトニングのご予約はホットペッパー予約ができない為 milky8063@yahoo.co.jpまで以下の情報をお送りください。 ①氏名   ②ご希望日時   ③ご希望施術メニュー   ④ご希望時間   ⑤新規/既存
折り返し担当の者よりご連絡致します。
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 営業時間 10:00〜22:00
ネット予約はこちら
ホットペッパービューティーで予約する ホットペッパー会員登録(無料)が必要です