MENU

LGBT GID-MTFの方へ

for LGBT

LGBTについて

LGBTとは、L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、T(トランスジェンダー)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称の一つです。当店は性的マイノリティの方もご利用いただきやすい環境をご用意しております。


性的マイノリティとは

LGBTなど、性(セクシュアリティ)のあり方が多数派(マジョリティ)と違う人のことを指します。
人口の7.6%(およそ13人に1人)の割合です(2015年、電通ダイバーシティラボ調べ)。

セクシュアリティの構成要素

日本語ではセクシュアリティのことを「性」と一言で表現しますが、本来、セクシュアリティは多面的なものです。
セクシュアリティを構成する要素はいくつもあります。

  • からだの性(身体性)
  • こころの性(性自認)
  • 好きになる性(性的指向)

※このほか、文化的・社会的な性、表現する性などがあります

LGBTとは

Lesbian(レズビアン):女性が好きな女性
Gay(ゲイ):男性が好きな男性
Bisexual(バイセクシュアル):異性も同性も好きになる人
Transgender(トランスジェンダー):こころとからだの性に違和感を感じる人

のことを指します。

出典:新潟市・性的マイノリティ(LGBT)支援事業


トランスジェンダー 
様々な性のあり方

  身体の性 心の性 服装の好み 社会的 性適合手術
FTM 女性 男性 メンズ 男性として生きている ○/△
MTF 男性 女性 レディース 女性として生きている ○/△
FTX 女性 無性・中性 メンズ・レディース 無性・中性として生きている ×
MTX 男性 無性・中性 メンズ・レディース 無性・中性として生きている ×

新潟市オリジナル・アライマーク

LGBTなど性的マイノリティの理解者・支援者のことを「アライ」といいます。新潟市の花「チューリップ」と性的マイノリティの象徴である6色のレインボーでデザインされたこのマークは、アライとして性的マイノリティをサポートすることを意味します。6色のレインボーにおいて、赤は生命、橙は癒し、黄は太陽、緑は自然、藍は調和、紫は精神を表します。精神を表します。

MTF脱毛について

男性と女性では体毛の量が明らかに違います。
特に、男性はヒゲが生え、胸毛も生え、スネ毛はボーボーになり、毛も太くて硬くて、密度も濃くて、人によっては毛むくじゃ らです。
男性として生まれてしまった以上、MTFはなにも対策をしなければ、そんな毛むくじゃらの男性へと日々成長するように遺伝子にインプットしてあるワケです。ただ、私達はそんな風には絶対なりたくないですよね。

女体化の初歩の初歩は脱毛です。

とにかくヒゲ面で生活なんかできません。
ムダ毛を生えっぱなしにした状態で「女になりたい!」なんて叫んでも、なんの説得力もありません。
そのためには、まず剃毛(毛をそること)から始め、その次は脱毛をして、ヒゲ・ムダ毛がないようにするのです。
脱毛は女体化の第一歩でありますので、脱毛をキッカケにして、どんどんジャンジャンばりばり女体化を進めてきましょう。

性同一性障害、MTFのヒゲ脱毛

MTFだと、脱毛を断られる女性専用のエステサロンも多いと聞きます。
特にGIDに理解のある当サロンのようなLGBT対応サロンであればなおさらやりやすいのではないでしょうか?

女性ホルモン治療を開始すると、多少ヒゲが生えてくる時間が長くなり、少し細くなった感じはするかもしれませんが、根本的には脱毛されずに解決には至りません。

MTFは特にヒゲがないことが大事です。
しぶといヒゲも、脱毛してしまえばツルツルのお肌が手に入り、メイクも楽しくなるはずです。


性同一性障害(せいどういつせいしょうがい、英:Gender Identity Disorder,GID)
性別違和は、出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(Gender identity、性同一性)を持つために、自らの身体的性別に持続的な違和感を持ち、自己意識に一致する性別を求め、時には身体的性別を己れの性別の自己意識に近づけるために医療を望むことさえある状態』をいう医学的な疾患名。
やや簡潔に『性同一性(心の性)と身体的性別(身体の性、解剖学的性別)が一致しない状態』とも説明されている。

出典:Wikipedia 性同一性障害


ヒゲ脱毛はまず初めにするところ

MTFのひとが一番気にする場所は、肌が露出するところです。ムダ毛を剃って処理すると、どうしても剃った後に毛穴がポツポツ目立って気になるものです。

特にMTFのヒゲは一番目立つところなので、元々ヒゲが濃い方はなおさら深刻です。メイクをしても、コンシーラーを塗っても、完全に剃ったとしても、青さを隠しきれなかったりする人は多いものです。

いくら女性ホルモン治療を続けていても、残念ながらヒゲだけはどうにもなりません。ヒゲを脱毛してしまえば、青さもなくなりメイクもキレイに仕上がり、より女性に一歩近づきますよ。


ヒゲ脱毛にかかる回数は?

ヒゲ脱毛は身体の中で、デリケートゾーンと同じくらい回数が多くなります。
MTFのヒゲ脱毛の場合、赤みが出ない程度の出力最大で施術しても最低10回以上かかります。
IPL光脱毛のジュール・パルス・肌の色・毛質・毛量を選択してもこのくらいかかってしまいます。

フラッシュ脱毛・蓄熱式連射脱毛だと、剛毛なヒゲ脱毛はもっと回数がかかります。


脱毛料金を見る

普段ウィッグをお使いの方はこちらもおすすめです。


うなじ・もみあげ脱毛

MTF脱毛体験者の声

MTF脱毛体験者 陸川 りく(おりく)さん
MTFお客様の声 陸川りく(おりく) 様
新潟古町に有る。Milky removal beauty Salon ここはLGBT 応援支援サロン。心の性別で対応してくれる。全て個室だし、プライバシーも万全
当サロンでは 性別、性自認、性的指向や年齢、国籍だけではなく、経験、専門性など、異なる価値観を尊重し、違いに価値を見出すことが、社会の持続的な成長に繋がると考えており、多様化(ダイバーシティ)の推進を企業としての社会責任と考えてるお店。この取り組みは素晴らしいです。
私は歯をピカピカにして貰いました
感謝━━━(≧∀≦人)━━━感謝
http://www.milky-removal.jp/woman/sdgs/
MTF脱毛体験者 山本由美子さん
MTFお客様の声 山本由美子 様
LGBTのMTFの方々へ
勇気を出して まず一歩
一度女性になっちゃうとやめられなくなりますよ
みなさん 楽しみましょう
◎女性になりたい方も
是非とも お声かけ下さい。
月に一度定期的に「palace(パレス)定例会」を開催しております。
場所は古町。ご興味のある方はご連絡下さい
MTF脱毛体験者 紗倉亜希さん
MTFお客様の声 紗倉亜希 様
料金も対応も女性と同じ扱い!
私は、女装をするので、以前から脱毛したいと思ってました。
私がミルキーを選んだのは、伊藤さんとFBで繋がっていたのもありますが、何よりも、私のような女装をする人や、LGBTの方たちも温かく受け入れて下さる事です。
普通の脱毛サロンに行くよりも、いい意味でハードルが低くて、利用しやすいですから。
しかも、性別上、男の人でも女性として利用すると、料金も対応も女性と同じ扱いをして下さるというのは、とてもありがたいです。
なので、ミルキーで脱毛してもらいたいと思い、利用しています。
MTF脱毛体験者 マリリさん
MTFお客様の声 マリリ様
おしゃれな店構えで男性でも女性でも入りやすい雰囲気です。
エステや美容の専門店は敷居が高く感じて入りづらい事も多いですが、 「ミルキーリムーバルサロン」は白を基調としたおしゃれな店構えで男性でも女性でも入りやすい雰囲気です。
しかも好きな服装や性別で入店することが出来ます。
そしてお店には色んなコースやプランがありますが、初回の方へのコースもあるから安心です。
脱毛ひとつとっても、肌や毛に合わせて選択してくれます。
お値段は良心的だと思います。
ミルキーはオーナーさん自身が美しいだけではなく、皆をキレイにしたくて「美」や「綺麗」に対してあらゆる角度で真面目だと思います。
美しさへの探求は脱毛だけじゃなく、歯磨き指導やホワイトニング、鼻毛ワックス脱毛、ヘソごまエステなどトータルでサポートしているのはそういうことだと思います。
歯ブラシひとつとってもプロです。
美容技術は良く分からなくても綺麗や可愛いを追い求めたいわたしたちには理想的な場所だと思います。
皆様も是非体験してみてください。
必ず理想の自分に近づくことが出来ると思います。
そんな私たちを真面目に応援支援してくれるのがミルキーです。

LGBT施術ギャラリー

LGBTに関するよくある質問

ジェンダーアイデンティティー(性自認) とは?
ジェンダーアイデンティティーとは、簡単に言ってしまうと「自分の性別をどう認識しているか」です。
わかりやすく例えると、
「おっぱいがあるから女の子だけど、自分の事は女じゃないと思ってる」など、そういった「認識」のことを指します。

アメリカでは「こういった性自認はその人の個性だ!」と主張する声が高まっていて、段々日本でもLGBTという言葉が浸透しはじめ、世の中に認められてきた感じがあります。
FTM/MTF、FTX/MTXの違いって何?
FTM/MTFは、「Female To Male(女性から男性へ)」「Male To Female(男性から女性へ)」の略称です。
その字のごとく、心の性別と身体の性別が一致していない状態で、異性として(身体が女性なら男性として、身体が男性なら女性として)生活していたり、異性として扱われたいという願望を強く持っている方のことです。

FTX/MTXとは、それぞれ「Female To X」「Male To X」という意味で、「X」は数式でいう変数、つまり「色んな何か」が入る感じです。「Xジェンダー」とでも言いましょうか。
「自分の性別をコレだ!と決めたくない」人がXジェンダーです。
FTM/MTFとの違いとしては、心の性別が女性・男性の性別のいずれでもない性別のことが多いのです。
つまり「Xジェンダー」というのは様々なジェンダーが当てはまるように、一概に「このような人」と指すことができません。 中性、無性、両性、性別という枠組みからから定まりきらなかったり、流動的であったり、様々です。
その多くは性転換手術までは望まなかったりする方のことを指します。
トランスセクシュアル(TS)とは?
性同一性障害・性別違和とほぼほぼ同義なのですが「生物学的には完全に正常であり、しかも自分の肉体がどちらの性 別に属しているかをはっきり認識していながら、その反面で、人格的には自分は別の性に属していると確信している状態」を指します。つまり、身体と心の性別に対して強い不一致を感じており、形成外科的な手術で身体の性を変更したい人ですね。
FTMだと男性的な外見(筋肉質な身体、陰茎、髭、低い声など)、MTFだと女性的な外見(胸、くびれ、高い声など)を求める方が多いです。
トランス・ジェンダー(TG)とは?
身体の医学的な変更を必要としておらず、異性装(身体が女性ならメンズの服・アクセサリーを着用するなど)の手段で、社会的な性別を反対の性で生活している人のことです。性別の違和感に強く苦しんでおらず、自己表現の手段として男装・女装を選ぶ人も含まれます。
異性装は、反対の性で生きることを象徴しています。たとえば、男性が女装する場合、「女らしさ」を象徴するために長い髪でスカートといった装いになったり、女性が男装する場合、髪を刈り上げたり、一人称が「俺」といった感じです。
トランスベスタイト(TV)とは?
異性装者、すなわち一般で言われる「女装者」「男装者」のことを指します。
女性だけれども、フェミニンな服装は好まず、もっぱらメンズのジーンズやシャツなどを着たりします。
ですが、トランスジェンダーと同じく性転換手術を望んでるわけではなく、単純に服装や身につける物が身体の性別と逆、という感じです。
最近はトランスベスタイトよりも、クロスドレッサーと呼ぶことが多いみたいですね。

「どれも当てはまるよ!」って方は、恐らくトランスセクシュアルとされます。その場合、FTM TSと呼称されます。
「手術までして男になりたいとは思わないわ」って方は、トランスジェンダーとされます。その場合、FTM TGと呼称されます。
「メンズ服好きだけど、別に女性として生活してたい」って方は、トランスベスタイト・クロスドレッサーかもしれないですね。その場合、FTM TVと呼称されます。

脱毛料金を見る

ルミクスご利用が初めての方へ 保湿の重要性について
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 営業時間 10:00〜深夜0:00 年中無休
当サロンはネット予約になります
ホットペッパービューティーで予約する ホットペッパー会員登録(無料)が必要です
未成年の方へ

ホットペッパービューティーで予約【